2019年08月18日

DynaBook VZ82/J インストール記(その4)

とりあえず、ubuntuさんの入れてくれたGRUB2に間借りして、grub.cnfを少し弄ってみる
ここは本来直接いじる所ではないと思ったが、実験だからいいだろう
まずはタイトル変わるかな?。Windowsの起動のタイトル変えてみる→OK
次は項目増えるか?。Windowsの起動部分を丸コピーしてすぐ下に追記してみる→OK
追記したやつを真似て、sda1にpuppyのデレクトリを作り、USBメモリのboot部分をコピーしてみる→OK
ありゃ。puppy起動しちゃいました。
USBメモリの設定のままなので、フラッシュ扱いでセーブボタンが画面に出ちゃいました。これは簡単。pmedia=atahd とすればok
ついでにpuppyをデフォルト起動にしたいから、grub.cnfの上の方にある default指定を3にした。
set default="3"
難点は、ubuntuからpuppyの起動ファイルを呼ぶので、選択画面が3回出ちゃう。
これはカッチョわるいから、間接的に呼ばないで直接呼んで見る。
記述の内容がよくわからないので(オプション的なもの多すぎ!)、わかる範囲だけubuntuのを真似て、分からない指定は削除。
こんなのが動くのか・・・・→OK
なんかザクザクすすむね今回。

現在こんな感じ
#############################
menuentry "BionicPup64-8.0"{
insmod part_gpt
insmod ext4
set root='hd0,gpt7'
linux /bionic/vmlinuz pmedia=atahd psubdir=bionic pfix=fsck
initrd /bionic/initrd.gz
}
#############################

---
なんて、グチャグチャやっていたら、フォーラムの方でZstepさんが素晴しい投稿。
custom.cfg を書くだけで、次回の起動からメニューの最後に追加されるとのこと
やってみると、あら簡単。1発OKみたいな。
https://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=26&t=3446
ただ、puppyをデフォルト起動したいので、外にある設定を呼ぶのは少々抵抗があるので、
実験用とか脱出用に使うと良いかも
4番目は実験中のもの、一番下はcustom.cfgによるもの
DSC_0233.png
さて、グッピーの水槽のメンテしないと。
posted by タロ兵衛 at 10:37| Comment(1) | TrackBack(0) | DynaBook VZ82/J UEFI

2019年08月13日

DynaBook VZ82/J インストール記(その3)

UEFIのインストールでubuntuが上手く行った。次はPuppyの番。DVDはブートできているから、HDDだがこれは門前払いを食らっている。なのでその前にUSBメモリでやってみようと。この前の出張ではレガシで使っていたが今回はUEFIで。レガシで不便だったかというと、使用中は不便なことはなかったが、セーブに時間がかかった。なので今回はフォルダセーブにしたら少しはセーブ時間が短くなるのでは?という目論みがある。それと、時々出てくるWindows互換の話で、切り替えをスマートにしたいなと。
今回はできちゃってからのメモなので実況ではない。
作り方としては、UEFIの設定でセキュアブートを無効にして、ブートオーダーをODD(光学デバイス)とする。
初期化して構わないUSBメモリを、先頭から500MBぐらいをFAT32に残りをext4辺りにフォーマットしておく。FAT32はbootフラグ立てておかないと途中で文句いわれるから忘れずに。DVDからでもできるが、isoイメージをHDDのどこかに入れておくと少し幸せになれるかも知れない。
この手順で特に問題は起きず、ブートオーダーをUSBメモリにするだけでOK。セキュアブートはできないが、レガシにする必要はない。けっこうオススメ。
問題点はここにセーブファイル(ディレクトリ)を置いてしまうと、途中USBメモリが抜けない。
それと思ったよりセーブ時間がかかるな。測ってないけどユーザーファイルセーブよりは早いと感じた。(測るか・・・)
ブートはUSBで、セーブはHDD(SSD)にしたらもう少し早くなるかな。

それと、UEFIのブートで勘違いをしてたらしい。調べてないが、セキュアブートとUEFIブートは時期を同じくして出てきたから混同していたが、違うものらしい。セキュアを除いたらUEFIブートはBIOS(MBR式)の発展型ぐらいなイメージか
さて次はHDDからのブートだな。すこしググってみようかな。(他力本願モードON!)
posted by タロ兵衛 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | DynaBook VZ82/J UEFI

2019年08月11日

DynaBook VZ82/J インストール記(その2)

なんか、少しかってがちがって、レガシからのデュアルブートがうまくできない。
MSの呪いの呪文が強大になりつつあるようだ。(あ。裏とってません。)
じゃUEFIでと思うが、日本語フォーラムとかウロウロしてたらやっぱりUEFIブートは駄目ってことで八方塞がり(2方だけど)。
でもubuntuだとできるらしいので試してみた。
他にもあると思うけど、検索で見つけた記事としては下記
@k_kochaさんのブログ
「文教モデルdynabook R732 でWindows10とUbuntu18.04のデュアルブート」
https://qiita.com/k_kocha/items/5a18aa1c329953316a55
残念ながら、18.04.2ではだめだったが、19.04ではあっさりインストールできてしまった。
しかもバックライトの調光もできる。さすがだ。ただし、Windowsほどではないが、発熱するらしく、時々ブロワが動作する。
じゃ、これを参考にと言うか、puppyを居候させてもらおうかと思ったが・・・grub2のgrub.cfgが難しくてわからん。
ま、今日の収穫はlinuxでもuefi起動ができるということか。
posted by タロ兵衛 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | DynaBook VZ82/J UEFI

2019年08月02日

DynaBook VZ82/J インストール記(いきなり番外編)

ちょっと脱線
ここまで使ってこのPCの感想を少し。
モバイル向けと言っても流石はi7の第八世代のマシン、いわゆるサクサク動くマシンだね。結構なことができそう。VMも行けるかも。
今朝の8時ぐらいから、4時間ほど使っているけど、まだ60%ほどバッテリーが残っている。搭乗手続きとかで休止時間はボチボチあるが、再起動を連発してもこの程度。これはいい。
キーボードはぁ、まぁしょうがないよね。この薄さで打ち安さを言ってはいけない。でも「打ちました」という感覚は伝わってくるし、キーピッチが標準だしサボった特殊配置もないからこの辺不満はない。
これの購入で検討忘れが一点あった。それは排熱。windowsを起動してしばらくすると、結構なブロワ音。ノートのファンは小口径、高回転だから結構耳障り。デスクトップしか表示していないのだが…。が、今はpuppyで記事を書いているが連続で1時間ぐらい経つがブロワが回る気配はない。そういえば個人ファイル作っているときも連続動作なのにブロワ回らなかったな。puppyはブロワ回らない?発熱で壊れる??と思ったが本体を触っても温かいぐらいで熱くはなってない。puppyは電気くわないらしい。
出張の出発前に100均でペラッペラのトートバッグ買っといた。こいつにポイっと放り込んでさっと肩にかければ何処でも持っていけそうな感じ。素で持つのと違い、やっと「軽い!」に出会う。
USBポートは2つ。ゼロスピンドル。すごい割り切り。ま、宜しいのでは。マウスとキーボードはbluetoothだな。puppyのドライバのインストール頑張らねば。
posted by タロ兵衛 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月31日

DynaBook VZ82/J インストール記(その1)

ふう。やっとここまで来た。
とはいえ、既にこの記事もVZ82/Jで書いてたりする。
しかも機上。長いこと出張で飛行機使っているが、これは初めてかな。思い出してみると本格的なモバイルPCってホント久しぶり。最近ではHPのがあったけど、実験用で持って歩こうという感じではなかった。
さて、インストールとしては、現在のところ、CDブートかUSBメモリブートが成功している。
現在はUSBブートで運用中。ベースのインストールまでは昨日の夜中に無理やり突っ込んでおいた。一応、puppyの標準的な手順でトリッキーなことはしないで済んでる。
PCの設定は、BIOSのセキュアブートの無効と、ブートオーダーの変更だけ。
羽田での待ち時間で、個人ファイル設定と、日本語化を済ませた。急いでいたので、ドライブ内に散らかっていて、個人ファイルを上手くつかまず苦戦。面倒なので、とりあえずUSBメモリに置いてみた。
欲張って2GBのサイズを指定したのが敗因で、書き込みにかなりの時間がかかった。
これで一応暫定版は完成。次はHDDにインストールしましょうか。UEFIを上手くかわせるかな
あ、文章は機上でしたがnetに繋げないので、更新は地上に降りてからでした。
posted by タロ兵衛 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月22日

現役最後のノートPCを買う(大会篇)

ファーストインプレッションかな?
本当は第一印象何だろうけど、
まぁなんだ、試運転かな。
ダンボールの最初の小さい蓋ロックを抜くとその下に「Welcome!」とか出てくる。いいね。
開梱するとありがちな素っ気ないポリフィルムに包まれて、ケーブルとかACアダプタとか出てきて、その下に本体が鎮座ましましておられる。
見慣れないものとしては、ポートリプリケータ(USB Type-Cアダプタ)とタッチペン(アクティブ静電ペン)が付属している。
本体は薄くて軽いが「うわぁ〜軽〜い」って感じではない。やっぱり1kgオーバーはそれなりか。でも重い訳ではなく持って歩こうと言う気にはなるかな。
早速、DVDドライブとACアダプタを繋いで電源ON!!。ありゃ。こいつキーボード光るのか。puppyで消せるかな。
続いてF2連打。
ほほ〜っ。あっけなくBIOSに触らせてくれた。細かくはまだ見てないが、最近のPCにありがちな設定画面。
HPほどはぶっ飛んでない。
まずはブートオーダーを光学ドライブにしてと。
ん!なんだこれは。FDD!?とな。何を起動せよと。MS-DOS用と言うよりかはPCの設定用なんだろうなぁ。ま、何時かやってみよう
IMG_20190717_225539b.jpg
あとはセキュアブートを殺して、とりあえずFATDogで起動してみよう
IMG_20190717_230023b.jpg
これも呆気なく起動。ただし、キーボードの右半分が機能しない。やばいか…
とは言え、けっこう特殊なものではなさそうな感じ。次はbionicPup64-8.0でやってみる
こちらも当たり前に起動成功。ワンワン鳴くし、バッテリー表示もしてる。キーボードも普通に使えてそう。細かいとことは後ほどチェック。
何か、忘れ物があったような・・・
そうそうwindows設定しないと。

購入編はこんな所かな。
posted by タロ兵衛 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

現役最後のノートPCを買う(転生篇)

puppyインストールにはいる前に、入手までトラブルとか嬉しいことがあったので一応書いとく。
ポッチして2日後商品発送のメールが来た。宅配業者は老舗のクロネコさんことヤマト運輸さん。さぁ来るぞ!。しかし、平日は宅配を受け取る時間に居ないし、家族もそんな感じ。
ネットの輸送の追跡をみると、意外と近いところから発送される様子。
んじゃ、ネットから配達先を自宅からコンビニに変更しましょっと。変更完了のメールもすぐに来た。
あとは待つだけ。puppy起動用に娘に貸していたDVDドライブも返してもらい、車も使わないように嫁さんに連絡。
追跡は自宅近所の営業所に「到着」から「配達」にステータスが変わった。
…営業所からコンビニまで、2qぐらいなのだが、なかなか配達完了にならない。ま、仕事終わるまで取りに行けないから良いんだけど。
そして16時、配達完了になった。
コンビニ受取り用の暗証番号のメールを待つもなかなか来ない。残業を終え帰路につくもまだ来ない。
嫁さん思いの外早く帰宅したらしく車で駅まで迎えに来てくれる。その足でコンビニまで。事情を説明すると、コンビニのお兄さん親切に倉庫まで探してくれるが来てないらしい。
お、俺のPCは何処???。受付時間ギリギリだが、クロネコに電話。と思ったら、嫁さんがポツリと「そういえば何か来てたよ。東芝の箱」あーそれそれ!
なんと、クロネコさんの手続きの行き違いで、ブツは自宅に届けられていたらしい。
ヤマト運輸さん、2回めだよ。前回の行方不明タブレットは営業所の倉庫に眠ってたでしょ。
帰宅すると、いるいる。東芝のダンボール!。あれ?dynabook株式会社じゃないぞ!東芝のままだ。そう。型落ちまがいのPCなもんだから、東芝のダンボールで来ちゃうんですね。たぶん。
でも、東芝の方が dynabook らしくて良いぞ。とまぁ、どれほどの価値があるかは全くわからんが、期せずして現役最後のノートPCは東芝の現役最後のdynabookが手に入り、何やら嬉しいタロ兵衛であった。
posted by タロ兵衛 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

現役最後のノートPCを買う(永遠篇)

やっと、ポチった
vz82j1.png

さぁ、Puppyは走ってくれるかなぁ
posted by タロ兵衛 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月14日

現役最後のノートPCを買う(帰還篇)

さて。振り出しに戻る感じでもう一度。
選択肢が多いときは価格.com様のお力をお借りして、っと。

Dyana Book
モバイルPC(コンバーチブル)
Office ナシ
win10 home
Core i7

こんな所で絞り込んでっと。
えっ?・・・絞れるどころか、価格.comエディションみたいのがあって、選択肢が増える・・・
んーーー。
まぁ、オプションの組み合わせの違いと「オマケ」ソフトが付いてくるぐらいか。
結構安い。でもdyanabookメンバーのが安い。

残る選択肢は、メモリ容量とSSDの容量。
メモリ:8G,16G
SSD:256G,512G,1T

puppyだけなら、8G/256Gで十分だが、まだpuppyが走るかわからないし、走っても実用圏に入れるかも怪しい。そのことを考えるとwinと共存は仕方あるまい(debianでも走ってくれればそれでもいいけど)
それにメモリは増設不可なので、「後で」は無い話だから、ここは16Gかな。

winが走るとなればSSDの256は心もとない。やはり512か1T。流石のWinも1Tは不要だろう。動画を置いておくとかなら別だけど。

タイムセールねぇ・・・これが終わると新型出るんだろうなぁ
インテルさん最近元気ないから大して変わらないじゃないかなぁ。
出たては高いし。

と、言うわけで、「VZ82/J 2018夏Webモデル」という型落ちみたいだけど現役ギリギリの仕様に決定。
もう変えないぞ!
posted by タロ兵衛 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月10日

現役最後のノートPCを買う(回転篇)

昔と違い、ジジイになった分、少だけ賢くなった。
それは「ポッチする前に、頭を冷やす」だ。一晩以上たってもその熱意があるならばポッチしようと。
今回の場合それは失敗だったかもしれない。

このお題は「その2」はなく、次はpuppyインストールの記録を残す予定だったが・・・
前回の、「あとは「ポッチ」するだけ」の後、あることに気づいてしまった
狙っていた、i7 && WinHome は2018夏モデルだった。

型番の末尾の違いは、WinHomeとProを識別するためにあると思っていたが、同時に2019春と2018夏モデルの違いを示すものだった。
せっかく型落ちをやめて春モデルにする作戦がオジャンになってしまった。
良く取れば・・・
home版で発売したら評判で、Pro版を春モデルとして販売した
宜しくない方は・・・
新しいモデルを作る予算がないので、去年の夏版のOSを載せ替えて発売した
と、言うのが思い浮かぶ。
まぁ、そもそもそんな流れはなく計画どおりだったという話もありそうだが。

買う側としてはできるだけ新しい型が欲しいというところもあるし、
良いものが安く買えるなら、型落ち上等!みたいなところもある。

しかも、ダイレクト価格には「タイムセール」みたいな謳い文句も。
もしかしたら、新型がでる兆候ではなかとも勘ぐってしまう。何しろ、去年の夏バージョンなわけだし
もちょっと待つか、微々たる更新内容で型落ち価格を逃すか・・・

さらに、緊急の出張が入りそうな気配。どうせ行くなら新しいPCで仕事したいし。

などなどが頭なかでグルグルしてポッチできずにいたりする。
posted by タロ兵衛 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記