2017年01月09日

オフラインウィルスチェック?

オフラインで使っているPC(赤帽)のウィルスチェックがしたいとの依頼有り。
・・・はぁ?オフラインのPCでウィルス。しかもLinux。
「絶対ナイ!」とは言えないけど、まぁいないだろうに。
とは言え、お仕事ですから、やりますよ。ハイハイ。

しかもネットには接続せずアンチウィルスソフトはインストールして欲しくないとのこと。
得体の知れないPCをLANに繋いで万が一ネット経由でウィルスをまき散らされたくないと言った所でしょう。

市販品でもあったような気がするが、ここは一つpuppy君に頑張ってもらいましょ。
検索するとclamavというのがフリーでは名が通っている様です。
puppy用にpetもありましたが、最新ではないので、本家からソース持ってきましょう。
(古いと言ってもウィルスデータが最新なら問題ないはずですが、依頼主を安心させるための「最新」です)

最初はピンっときませんでしたが、実行形態が2つとデータベース更新の3本立て。
実行形態は都度実行する「clamscan」と、常駐してリアルタイムチェックする「clamdscan」(+デモンのclamd)。
今回は「clamscan」だけ使用。(clamdscanはちょっと設定が多い。殆どデフォルトで行けそうですが)

コンパイルは概ねいつも通り。configuarからmake install。一応、petも作った(puppyの場合、1度しか使わなくてもこの方が便利な気がする)。
インストールが済んだら「freshclam」でウィルスパターンを落とします。
普通だと、これでチェック掛けておしまいでだが、今回はお客様のPCにインストールせずチェックなので、ここでひと手間かけます。
下ごしらえで、ウィルスデータベースを別なPETにしておきます。
一旦、rebootしてRAM実行でサラのユーザを作り、再度インストール。この状態でリマスタ(ウィルスデータベースは入れない)。
リマスタの最終段階で「焼きますか?ISO作りますか?」の所で、先ほど作ったウィルスデータベースのpetを同梱します。
もう一つ。menu.txtを編集して、RAM実行をデフォルトにする。これしないと、チェック先のPCのHDDに万が一puppyの個人ファイルがあるといけないから・・・ってウィルスに遭遇するより確率ひくそうだけど。
これをDVD(CDだと容量がないのでウィルスデータベースの更新回数が少ない)にファイナライズしないで焼いて出来上がり。
使い方は、
(1) 光学ドライブからブートする
(2) 起動したら、DVDをマウントして、ウィルスデータベースをインストールする。
(3) ウィルスチェックしたいドライブをマウントする
(4) 端末をひらいて、clamscanを実行する
例:clamscan -r -l ~/clamscan.log /mnt/sda1
(sda1の下のディレクトリ全部をチェックして、clamscan.log というログファイルに記録を残す)

(5)後日、再度チェックする場合は、新しいデータベースだけpetにして、DVDに追記して使う。

あ、時間切れ。なんか中途半端だが今日はここまで。その2があるかは未定

posted by タロ兵衛 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月04日

2017のお題

短い正月休みを使って、眠っていた初代raspberry pi で制御の実験をしてみる。
最終的にはpuppyで纏めたいが、先ずはdebianから。
暮れにamazonでブレッドボードやらLEDやらタクトSWやらを買いあさる。なんと2日に届く。
基本的なin/outのモジュールの整備は全く問題ない。使い方も検索すれば不自由はない。
接続図は多くなく、ブレッドボードの実態配線図のため、かえって分かりにくい。
raspberry piから直接アプリ編集が面倒。速度の遅さよりは使いにくい。
取りあえず。telnetdを使って母艦から編集。これで本体からVGAやらキーボードなしで進められる
簡単な制御だけならセルフのコンパイルでも行けそう。思ったよりコンパイル早い。
元旦から3日まではこんな感じ。
つぎはちょっと寄り道してvnc入れてみるかな。
キーボードとマウスが戻ってきたから、母艦は実験君B4に切り替えよう。

posted by タロ兵衛 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月22日

ソースコードと設計書

世のプログラミング指南書には各種設計書を書いた上でそれを基にプログラミングせよと書かれている。
それを怠るとロクでも無いプログラムになると。
いきなりコーディングなどもってのほかと。
しかし、仕事では大凡(おおよそ)ぎゃくである。
いま、設計書の通りに作られたソースをメンテしている

     ゴミである。

全部、コーディングし直したい衝動を抑えつつ、原型を壊さない程度に修正を加えている。
それでも、機能追加の度に、ソースコードが1割ずつ「減って」行く。
毎回、仕様追加の度に数百ステップ単位で減って行く…
減って行く、減っていく

設計書、消え失せろ


posted by タロ兵衛 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月03日

printf ("Hello Widget/n");


GtkWidget 一覧

これ覚えろってってか・・・
まぁボチボチやろう

posted by タロ兵衛 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月26日

AsunderでCDDBからタイトル名落とせない件

CDexなAsunderでCDDBに接続できないのは、デフォルトのURL設定がうまくないため。
設定→詳細でサーバのアドレスとポートを変更する(20160426現在・・・候補は他にもあると思う)

freedbtest.dyndns.org
80

@Asunder 2.3
posted by タロ兵衛 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

nvidiaグラボ+display port接続でスクリーンセーバーから復帰できない件

タイトルのとおり

正規のnvidia ドライバを入れれば直る
slacko64-6.3.0でも発生。
他にも切替器で切り替えたときにも発生する。再接続が判定できないようだ。
準備
ドライバはユーザ側でコンパイルになるので、その類がいる

devx_slacko64_6.3.0.sfs
kernel_sources-4.1.11-slacko64_2.sfs

カーネルソースは見つけにくいが、自力でみつけるより
sfsマネージャから落とした方が楽。でもサーバーは遅い。
この辺にあった。


肝心のドライバはnvidiaから。
nvidiaにいくとOSやらバージョンやらグラボの組み合わせで、使うドライバが変わるようだ
Quadro FX 580なので下記が選択された

NVIDIA-Linux-x86_64-340.96.run

落としたままでは実行できないのでchmod で755などに。
十分に余裕がああれば、/rootでもよいが、安全のため、/mnt/homeに作業ディレクトリを作って、移動しておく
/mnt/home/work・・・とか。

現在の画面ドライバをvesaにしておく。仮なので解像度は欲張らず設定するが吉
標準に付いているnvドライバ(たぶんnudaドライバ)の状態だと、インストールさせてもらいない。

デスクトップのコンソールではなく、「プロンプトに戻る」でインストーラを実行
./NVIDIA-Linux-x86_64-340.96.run

再起動後、セットアップ→xorgビデオウィザード→スクリーン解像度の変更でnvidiaのボタンが追加されているのでクリック。
NVIDIAのウィンドウが開くので、解像度を設定して、applyすをれば完了・・・な、ハズだが、何度やっても設定されない。
「save to X configuration File」を押して、再起動したところ、設定はされていた。
画面のアイコンが散らかっているので、デスクトップの修復で、一応完成

201604261543.png

スクリーンセーバでも切替器でも普通に復帰。
性能の方はあまりかわらないか。

-Display-
Resolution: 1920x1200 pixels
Vendor: The X.Org Foundation
Version: 1.14.3
-Monitors-
Monitor 0: 1920x1200 pixels
-Extensions-
BIG-REQUESTS
Composite
DAMAGE
DOUBLE-BUFFER
DPMS
DRI2
GLX
Generic Event Extension
MIT-SCREEN-SAVER
MIT-SHM
NV-CONTROL
NV-GLX
RANDR
RECORD
RENDER
SHAPE
SYNC
X-Resource
XC-MISC
XFIXES
XFree86-DGA
XFree86-VidModeExtension
XINERAMA
XINERAMA
XInputExtension
XKEYBOARD
XTEST
XVideo
-OpenGL-
Vendor: NVIDIA Corporation
Renderer: Quadro FX 580/PCIe/SSE2
Version: 3.3.0 NVIDIA 340.96
Direct Rendering: Yes

posted by タロ兵衛 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月21日

anjuta(アニュータ)でハローワールド(その0)

puppyは開発用linuxでないことは分かっているが、なんつーかこの手軽さで、ちょいとしたアプリが組めなたらなぁ・・・・と言うわけで、anjutaでハローワールドしてみようかと。
なぜanjutaかというと、見た目なんとなく、やさしそうだからである。実際の所は終わってみないとわからない。

本家のフォーラムには過去に、成功した人もいるようだが、現在は検索にヒットしないところをみると、先はながそうである。
検索でこのブログに来られた方にはまことに申し訳ないが、答えはでないかもしれない。


続きを読む
posted by タロ兵衛 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月31日

2015しめくくり

やっと、今日からお休み。ことしは、趣味と仕事のごった煮だった。趣味でpuppyやっていたら、Linux仕事が向こうから転がってきた。
見よう見まねで専用ハードのドライバも書いたな。
出入り口だけしっかり分かっていれば組み込みの制御ソフトと大差は無い。
結局、この出入り口の「お作法」が一番難しかった。真似て作っただけだから、未だにマスターなんて出来てないが。
立派なツールがあればそれなりに効率はよいのだろうが、printf頼みのトライアンドエラーで乗り切った。そういうツールって、覚えるのも結構大変だし。
アマチュアぽいが、何もしないミニドライバを作って、ドライバから返事を貰って、少しずつI/Oから返事を貰って、割り込み解除して・・・最後はDMA動かしてドカーーーンとフルアクセル。
助かったのはOSの出来の良さというか、丈夫さ。結構乱暴なことをしても。ドライバだけが死んで、OSは落ちにくい。昔のOSではこうは行かない。Windowsよりも作りやすい気がする。
このドライバ作りは病みつきなところがある。仕事にしてはいけない領域かも
もう一つのドライバネタがあった。nvidiaのグラボのドライバの組み込みも苦労した。nvidiaはlinuxに優しくない。
古めのdebianでは手こずった。puppyは簡単にできるのに。
今年、やりたくて出来なかった事は、slcko64の日本語化とATIのグラボのドライバと日本語化chromeの組み込みが全部半端に終わった事か。
未完ではあったが「日本語化」は勉強になった。chromeは日本語入力が手強そう。

それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。
posted by タロ兵衛 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月06日

もっと強敵あらわる(その2)

HDDが見えない原因は分かった。UEFIなのね。セキュアにしたいから、古いOSには見せてあげないと。
たしかに見慣れないBIOS画面だと思った。
新しいBIOSに代わるアレだ。それなら簡単。レガシィモードみたいなのがあるはず。自分のhpのネットブックがそれで、X-Slackoを起動できたのだから。
思った通り、ありました。簡単です。ほいほいほいっと。
・・・・みえない。puppyから見えない。CDブートはするが、HDDは見えない。
これはセキュアなPCにするため、古いOSから見えない作戦だったのですね。
なにせ、今まではHDD全体を暗号化でもしない限り、CDからブートしたPuppy からは丸見えだもんね。
そう言えば、FatDogなる64bitのpuppy亜種がいたな。あれ、UEFI対応だったはず。
----
はい。イチコロでした。丸見え。ロトの剣を見つけた感じ。さくぅ→
しかし、今回はサルベージが目的ではなく、少し古めのUEFI非対応OSのインストール。
もはやこれまでか!
----
しかし、納得出来ないのが、puppy571がCD起動出来ること。
これが出来るなら、HDDも使えて良さそうなものに。
じゃ、CDドライブの代わりにSATAポートにHDDを刺したら・・・・
----
USBブートも可能なようなので、ブートCDをUSBドライブに、CDドライブのポートにHDDを。
----
CDブートからHDD見えました!。
早速、HDDにフルーガルインストールを!
----
なんか拍子抜けにサクサク進んで、・・・・それ、ブート!
・・・通ったー
----
つまりこれは昔のOSからハード的にHDDを見せないようにしているわけだ。
ま、FatDogからみえたのだから、それなりのドライバと手順が分かれば、古いOSでも見えなくはないのであろう
----
しかし、今回は急ぐので、このポート使わせて貰いましょう。
と、おもったら、UEFI対応ポートと昔OS起動可能ポートとは何やらコネクタの色を変えてコネクタが実装されてます
よく見ると、UEFIのは「sSATA」と小さなsのシルクが。
CDブートポートにはただの「SATA」と印刷。
このSATAのコネクタが,もう一つ見つかり、CD/DVDもHDDも非UEFIコネクタに繋がりました。
----
そんなこんなで、なんとかdebian squeezeのインストールに成功しました。

UEFIは基本的に64bit対応らしく、32bitブートはグーグル先生のお返事には現れませんでした。
どうやら変なところからPuppyは64bit時代を迎えるのかrもしれません。
何でもかんでも64bitならよいと言うわけではなく、最近話題のSlacko64は従来からのgrub4dosなので、現時点ではこれには乗れませんでした。

sSATA1.png
posted by タロ兵衛 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月04日

もっと強敵あらわる

なんか、中ボス戦中にラスボス登場!みたいな。
前回のは、HDDから異音がしているので、更に慎重に事を構える必要があり、保留中。
で、今回のお題は比較的新しいPCにdebian Squeeze を入れると。
なんでも自作のドライバなので、新しいOSでは動かないってか。
squeezeってpuppyでいくと528ぐらいの古さかな。
先ずはインストールDVDでブート。
ふつーにインストール始まるじゃん。
「NICが見つかりません」・・・・まぁ、新しいチップなんでしょ。インストールが終わったら、ドライバめっけてこよう。
「ハードディスクが見つかりません」・・・・えっ?。

これはぁ。どうしようも無いです。見えない物には入れられません。

しかし、これは趣味のpuppyと違ってお仕事。飯のタネ。
投げちゃう訳にはいかんしなぁ・・・

戦いはつづく。

posted by タロ兵衛 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記