2015年07月13日

実験君先ずは清掃

さて、まずまずの動作状態なので、本格的に清掃してと。
するといくらか爆音ファンも静かになった。
CPUのステッカーとかセロテープの貼り跡は「シール剥がしスプレー」でちょいちょいと。
続いてはHDD。これはどうしたものか。IDEのHDDは何個か余っているが、ケーブルがない。
・・・ジャンク箱からIDE−SATAアダプタ発見。SATAケーブルなら沢山あまってるし。
これってbootするっけ?。まぁ認識はするだろうから起動はUSBでもいいか。ま、とにかくやってみましょ。
案ずるより何とやら、普通にbootしてくれた。転送速度は知れたもんだろうけど。(でも今度計ってみよう)
次はボタン電池かな。わざわざ買いに出るのも何なので、古いマザーのと交換。ぼちぼち使えそう。
残る問題は爆音ファンだな。この手のは同じ規格のものは手に入れるのは難しい様子。
これも不要マザーから小さいのを外して付けることに。
もちろん穴位置どころかサイズも合わないから、古い爆音ファンの上に両面テープで貼っちゃいましょ。
放熱フィンを手で触った感じでは、十分に廃熱出来ている感じ。
さて、ここまでくれば一応完成と言って良いかな。
実験君更新の最大の目的であるnvidiaのドライバーの調査開始。お題がnVidiaなので、ATI君は一度待機願って、Quadro 君登場!
紆余曲折あったが、ドライバーをインストールする方法に目処がつき始めた頃(これは別記事で記録しておこう)、調査中に何度か電源が落ちる現象に遭遇。
もしかして電源容量(450W)が足らないってか?
posted by タロ兵衛 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/152217350

この記事へのトラックバック