2018年01月21日

Win10の呪いを解く(その4)そして伝説へ

一応、grub4dosから好きなOSを起動できるようになり、実質上の制御はユーザーの手に戻ってきた。
しかし、BIOS(UEFI)は起動できないままだった。
ところが今日、ボスキャラと戦うわけでもなく、教会で呪いを解いてもらったわけでもないのに、いつのまにかF2やDELでBIOSが起動するようになっていた。
いつもと違うことをしたと言えば、xenialpup64のDVDを入れて起動したことぐらいか。
数日前はDVDからの起動もアクセスはあるもののスルーで、今日はなぜか起動できて、調べてみたらBIOSも起動できるようになっていた・・・というもの。
もう一度、同じ状況を作って検証したいところだが(バックアップがあるからできる・・・)、かなり不毛なのでやめておく。
推測される原因は
(1) 再起動やシャットダウンの組み合わせがあり、偶然その操作があって、復旧した
(2) いつものように、MSがこっそりコードを書き換えた(再起動時の「電源を切らないでください」の表示はなかった)
(3) xnialpup64がDVD起動時にマザーボードのUEFI設定を変更してくれた

ぐらいだろうか。できれば(3)が勇者の剣がラスボスの最後の一撃となったみたいで、かっこ良くて好みなのだが。
と、言うわけで、勇者タロは新たな冒険の旅にでるとしよう。
posted by タロ兵衛 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | windows10
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182201036

この記事へのトラックバック