2019年07月10日

現役最後のノートPCを買う(回転篇)

昔と違い、ジジイになった分、少だけ賢くなった。
それは「ポッチする前に、頭を冷やす」だ。一晩以上たってもその熱意があるならばポッチしようと。
今回の場合それは失敗だったかもしれない。

このお題は「その2」はなく、次はpuppyインストールの記録を残す予定だったが・・・
前回の、「あとは「ポッチ」するだけ」の後、あることに気づいてしまった
狙っていた、i7 && WinHome は2018夏モデルだった。

型番の末尾の違いは、WinHomeとProを識別するためにあると思っていたが、同時に2019春と2018夏モデルの違いを示すものだった。
せっかく型落ちをやめて春モデルにする作戦がオジャンになってしまった。
良く取れば・・・
home版で発売したら評判で、Pro版を春モデルとして販売した
宜しくない方は・・・
新しいモデルを作る予算がないので、去年の夏版のOSを載せ替えて発売した
と、言うのが思い浮かぶ。
まぁ、そもそもそんな流れはなく計画どおりだったという話もありそうだが。

買う側としてはできるだけ新しい型が欲しいというところもあるし、
良いものが安く買えるなら、型落ち上等!みたいなところもある。

しかも、ダイレクト価格には「タイムセール」みたいな謳い文句も。
もしかしたら、新型がでる兆候ではなかとも勘ぐってしまう。何しろ、去年の夏バージョンなわけだし
もちょっと待つか、微々たる更新内容で型落ち価格を逃すか・・・

さらに、緊急の出張が入りそうな気配。どうせ行くなら新しいPCで仕事したいし。

などなどが頭なかでグルグルしてポッチできずにいたりする。
posted by タロ兵衛 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186254549

この記事へのトラックバック