2019年08月02日

DynaBook VZ82/J インストール記(いきなり番外編)

ちょっと脱線
ここまで使ってこのPCの感想を少し。
モバイル向けと言っても流石はi7の第八世代のマシン、いわゆるサクサク動くマシンだね。結構なことができそう。VMも行けるかも。
今朝の8時ぐらいから、4時間ほど使っているけど、まだ60%ほどバッテリーが残っている。搭乗手続きとかで休止時間はボチボチあるが、再起動を連発してもこの程度。これはいい。
キーボードはぁ、まぁしょうがないよね。この薄さで打ち安さを言ってはいけない。でも「打ちました」という感覚は伝わってくるし、キーピッチが標準だしサボった特殊配置もないからこの辺不満はない。
これの購入で検討忘れが一点あった。それは排熱。windowsを起動してしばらくすると、結構なブロワ音。ノートのファンは小口径、高回転だから結構耳障り。デスクトップしか表示していないのだが…。が、今はpuppyで記事を書いているが連続で1時間ぐらい経つがブロワが回る気配はない。そういえば個人ファイル作っているときも連続動作なのにブロワ回らなかったな。puppyはブロワ回らない?発熱で壊れる??と思ったが本体を触っても温かいぐらいで熱くはなってない。puppyは電気くわないらしい。
出張の出発前に100均でペラッペラのトートバッグ買っといた。こいつにポイっと放り込んでさっと肩にかければ何処でも持っていけそうな感じ。素で持つのと違い、やっと「軽い!」に出会う。
USBポートは2つ。ゼロスピンドル。すごい割り切り。ま、宜しいのでは。マウスとキーボードはbluetoothだな。puppyのドライバのインストール頑張らねば。
posted by タロ兵衛 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186361882

この記事へのトラックバック