2009年01月05日

Libretto50 CFブート その1

そろそろ4.xxシリーズも安定してきたので、Libretto50にも入れようと思う。Libの場合、メモリが絶対的に少ないので、スワップが頻繁に起き、実用的でない。
それが原因なのか、発熱も多く使う人間の肉体的にも実用的ではない。
この辺を何とかしたいがメモリの増設はチップセットの関係か32MB以上の増設は聞かない。
HDDの高速化でスワップ時間の短縮が見込めるけど、BIOSの関係で最近の大容量HDDは積めない。
メカを排除してアクセス時間の短縮を狙いたいがシリコンディスクは資本投資がまだ大きすぎるし
などなど、いろいろ、いろいろ迷ったが、CFを使ってみようと思う。
CFをSWAPに使っては書き込み回数が気になるところだが、いつその時を迎えるのだろう。1時間では規定の書き込み回数にはならないだろう。1日?これぐらいは持つか?1週間?使用頻度によるだろうぐらいか?、1年…こんなにはもたないだろう。
でも、最近のCFの値段の低下で消耗品と考えればそんなに無茶な話ではないような気がする。
机の引き出しには今となっては半端な容量のCFがゴロゴロ入っているし。そもそも10万回とか言っても10万と1回目でNGになる訳ではないし。書き込むセルも順繰りにローテーションしているらしいし。
速度の方は余り期待はできないだろう。特に連続の書き込みはHDDより遅くなると予想。
消耗品扱いは良いが寿命の予告が有るわけでなし、何となく最近調子悪いな…、取り替えたら直った。見たいになるのか。
能書きはさておき始めよう。
早速CF→2.5HDDアダプタを入手。2枚挿しタイプ。一つは一般用、もう一つはSWAP用。ノートPCにそのまま刺さるといううたい文句だったがHDDより若干厚い上、コネクタの位置が0.5mmほど低いので、期限切れクレジットカードを挟んで高さ調節。Libのお腹が若干ふくれているのが見て分かる…上手く行ったら薄いタイプを探そう…。さて、どうやって4.1.1を入れようか。
posted by タロ兵衛 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25197683

この記事へのトラックバック