2010年03月08日

そうだ、2.14Xを使おう

libretto@431はどうにも「実用」と言えそうなレベルにならない。
まぁ、むちゃしてるからなんだけど。Win95に戻すとか(いや、当時も95で重かった様な…)、いっそDOSにまで戻るか。これならFILMENも使えるし…でもネットワークが哀しいし
などと考えていたら、2.14の存在を思い出した。ただ、うちの母艦達は2.14起動しないんだよね。原因は深堀してないけど。
で、VirtualBoxでどうかというと、普通に動作してくれました。
-----
librettoからCFを引っこ抜いて、431と同じやり方でVirtualフルインストール?。CFに予備のパーティション作っといて良かった。
こちらもあっさり起動。
ん?なんか早くないですか起動。ストップウォッチで計測してみる。
リセットからGRUBメニューまで21秒(これはOS関係無しね)
GRUBから「X」のマウスカーソルまでが1分51秒、画面に壁紙とアイコンが並ぶまでが3分45秒
431の場合だと
GRUBから「X」のマウスカーソルまでが1分41秒、画面に壁紙とアイコンが並ぶまでが4分42秒でした。
214はなんと431よりも1分も早く起動する。
-----
2.14のメニューのインターネットを見るとdilloがあるじゃないですか。これがなんと、びっくりの3秒ぐらいで立ち上がっちゃう。ブックマークにあったpuppyのフォーラムなどを表示してみる。dillo独特の表示になっちゃうけど操作感は実用レベル。
これは他のアプリも期待できるかも。
posted by タロ兵衛 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36118018

この記事へのトラックバック