2010年05月28日

さらばデスクトップ

結局、キャッシュ付きSSDは「ポッチ」としてしまった。
さて、SSD到着までroxの停止方法を調べてみよう。
世の中、インストール方法はたくさん出てくるが、止め方ってぇのはなかなか無い。
で、roxの本家というか、日本のコミュニティに行ってみた。
すると
http://add10.hp.infoseek.co.jp/rox/install.html#install_rpm
に、少しだけかいてあった。
アンインストール

以下を削除します。

1. 上記 Rox-Filer ディレクトリ
2. 上記起動スクリプト
3. ~/.config/rox.sourceforge.net
4. ~/Choices

とのこと。簡単そうである。2.を知りたいのだが、これ以上は書いてない。3.のディレクトリーが簡単に見つかったので、試しに削除。「えい!」続いて再起動。おおっ、なんかメッセージが出て、なにやらさっぱりとしたデスクトップが出現。
これは、これでいいかも。
でも、やっぱ起動しないようにしたいので、2のスクリプトを探す。
どうやらpuppyでは、これ↓らしい

/root/.xinitrc

これの124行め辺りにroxについての記述がある。
VirtualBoxのキャプチャを一つ戻して再起動。この一画をまとめてコメントアウト。バージョンが違っても良いように、いろいろ工夫してあるようだ。
そして再起動。
真っ黒な背景にツールバーだけとなったデスクトップ(とはもう呼べないかも)が出現。
とりあえず、当初の削除目標は達成。アンインストールしようと思ったが、普通のファイラーとして起動できるのでそのままにした。(関連付けとかまだ分からないからこの方がよかろう)



posted by タロ兵衛 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38637936

この記事へのトラックバック