2010年06月04日

SSDの効果

えー、失敗です。HDDと比べてほとんど速くなりません。
きも〜ち、速くなる。ちょっとこの速度差に2まんえんは高すぎる。ToT
なにせIOモードのアクセスなのでSSD側のキャッシュの効果が出ないのかも。
DMA(librettoネタではバスマスタと呼ぶことが多い)が使えれば、もう少し期待できるか…。今回調べたところ、DMAが使用可能なハードであることが分かったのは収穫だったが、これ以上の情報は見つけられなかった。(puppyで使えるドライバがないってことね)
簡単に速度の差を測ってみた。
アプリ
通常
デスクトップなし
CF
HDD
SSD
HDD
SSD
OS起動(GRUBから)
225
178
170
129
117
ワープロ
---
55
40
65
36
表計算
---
47
26
33
24
dillo2
---
10
6
8
5
シャットダウン
---
47
35
34
34

単位は秒。OSはGRUBのメニューから。電源投入からではありません。
CFによるSSD化はかなり遅くなっていたことが判明。電池問題がなければHDDの方がいい。HDD対SSDは一番期待したOSの起動が振るわないものの、アプリはそれなりに向上した。ただし、サンプル数が少なく(各1回)多分に誤差を含んでいます。(だって立ち上がりきったかどうか判断するの難しいんだ)
SSDは期待はずれに終わったが、デスクトップを殺したバージョンは予想以上に健闘。OS起動で2分が切れた。
よし、これでマックデビューだ!
あ、無線LAN設定せねば。また起動が遅くなるToT)
6/6追記:この記事のマシンはフルインストールです。要件を満たしたPCでCDブート、質素なインストールでのアプリの起動では差はでません…たぶん。
posted by タロ兵衛 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38757495

この記事へのトラックバック