2011年01月25日

ライブカメラもどき(まとめ)

定期的(1分毎)にUSBカメラからの画像をサーバーにアップし、それに合わせて閲覧用ページも更新する。
記載内容は無保証です。偶然動いている可能性もアリ。

使用したハード・ソフト
puppy linux 4.3.1
ギガバイト GA-GC230D(Atom 1.6G,512MB, 320G)
ディスプレイ,キーボード,マウス 不使用 (…SSHインストールまで使用)
USBカメラ Logicool Webcam C200

インストールしたアプリ(ダウンロードもとのURLメモを紛失。URLが違っているかも)
・motion
http://www.mland.jp/pub/Linux/Puppy/users/msato/motion/

・ncftp
http://www.mland.jp/pub/Linux/Puppy/users/msato/ncftp/

・imagemagick
http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=63322

入れおいて便利だったアプリ
OpenSSH
http://puppy.sblo.jp/article/26422263.html

TightVNC
http://puppy.sblo.jp/article/42578270.html


○puppyはセットアップ終了後、pfix=noxでデスクトップ無しの状態(ディスプレイなどが足らないので…)で使用
○motionはサービスとして起動せず、コンソールから普通のアプリとして起動して放置して使用している

Motionの今回の設定ファイル
motion.conf http://taro-b.sakura.ne.jp/files/motion.conf

オリジナルからの変更箇所
デーモンとプロセスIDに関する項目…コメントアウト
(11行目付近)
#daemon on
#process_id_file /var/run/motion/motion.pid

画像の解像度…640x480
(71行目付近)
width 640
height 480

移動検出の閾値(検出しない)…1500->0
※この値は全くの無保証。偶然検出しなくなることを発見。本来は1以上
(154行目)
threshold 0

定期キャプチャ …1分毎
(296行目)
snapshot_interval 60

格納先ディレクトリ
(360行目)
target_dir /tmp/motion

画像データ作成後に呼ばれるスクリプトの指定
(523行目)
on_picture_save /root/motion/motion_ftp

SQLに関する項目…コメントアウト
(553-571行目)
#sql_log_***


[超ご参考]
FTPさせるためのスクリプト(ID,パスワードは適時書き換え)
サーバーにUPしたファイルは使い終わっても削除しないので注意
(放っておくとパンクします。記録を残したくない場合は、FTP時に同じファイル名にして上書きするといいかも)
motion_ftp http://taro-b.sakura.ne.jp/files/motion_ftp


今回も個人的なサイトからのダウンロードもたくさんさせてもらって、本当にありがたいことです。
コンパイルしてPETファイルぐらい作れるようにならんとなぁ


posted by タロ兵衛 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42916849

この記事へのトラックバック