2014年01月04日

工人舎 PM 起動ならず

フォーラムの記事を読み返していると、
「・・・・gma500/psb_gfx.ko」の文字が!

どっかで見たなーと、思ったら工人舎のPMのビデオチップじゃないですか
PMは結構なじゃじゃ馬でまともに動くのはなかったな。
まともに表示ができたのはwary、まともにWifiできたのはracyだけだった。
もしかして、571なら両方いけるかも!
と、食らいつきましたが・・・
・・・あえなく撃沈。なんでこいつはvesaすらも受け付けないのだ…
posted by タロ兵衛 at 17:23| Comment(5) | TrackBack(0) | Precise-571JP

メモリをケチってみる

この正月休み、古いDyabook SSでPrecise571をしばらく使ってみた。短い時間ではあったけど結構使えることを実感。ただ、悲しいかなメモリ200Mを切るマシンにはさすがに重荷。スワップが始まると実用レベルを外れてしまう。

DynaBook SS DS50C/1N8M,celeron 500MHz,MEM:192M,HDD:32G

571ではgofficeが外せるので、この辺でメモリ稼げんかなぁ
インストール開始からダイエット後のメモリ消費の変化もメモってみた。
次の表はfreeコマンドの結果(のうちのbufferのfree)を纏めたもの。

No 個人保存 goffice WIFI ブラウザ free swap 備考
1 0 あり × × 31 0
2 0 なし × × 32 0
3 512 あり × × 31 0 初回
4 512 あり × × 57 0 以下2回目〜
5 512 なし × × 59 0
6 64 あり × × 58 0
7 64 なし × × 59 0
8 64 なし × Opera 28 0
9 64 なし ON × 55 0 WIFI設定直後
10 64 なし ON Opera 28 0
11 64 なし ON FF* 31 0 組み込みのみ
12 64 なし ON FF 17 5
13 64 なし ON × 58 0 サービス停止
14 64 なし ON × 57 0 リマスタ版

残念ながら、goffice削除の効果は非常に低く1MB程度しか稼げなかった。この手のメモリの数字は時々刻々変化するので、誤差のうちかも知れない(No4と5)。
逆にfirefoxを組み込むとガッツリとメモリを食われる(No7と11)。さらに走らせるとswapが必要になる(No12)。sfsが36MBもあるので納得だけど、gofficeもsfsは6MBもあるのだからもう少し効果があってもよいような…
個人保存ファイルサイズもデフォルトの512MBから64MBまで落としてみたが効果なし。空っぽなうちは容量的にあまり変わらないのか、満タンでも部分的にメモリに持ってくるのか…かな(No4と6)。
流石!と思ったのはインストール後初回のブートで表示される「next boot will be faster!」何をしているのか詳しくは分からないが2回目以降はfreeが31→57にまで増える。
私の分かる範囲でサービスを停止するも期待するほどの効果はなし。ダメ元でリマスタ(専用にしてみる)も変わらずでした。
posted by タロ兵衛 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Precise-571JP

2013年12月29日

precise-5.7.1

やっと仕事も一区切り年末モードON!

色々やりたいことは沢山あったが何も出来ず仕舞いな一年であった。

フォーラムの方はprecise-5.7.1-retro-s-65がいよいよリリース間近。
しかも更なる軽量バージョン、今まではオフィス系がガッツリ組み込みこまれていたが、今回のはsfsを抜くことができ、さらに軽量化できる。レトロマシン向けのPAE無し仕様。
少し前に一寸触ったがセレ500MHzメモリ192MのDynaBookSSでもいけそうな感じ。
この休みは、テスターさんして見ましょうか。



posted by タロ兵衛 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Precise-571JP