2011年01月03日

ライブカメラもどき(その3)sftpが…

あかん。
sftpで進もうと思ったが、サーバーに接続できない。門前払い。交換鍵の関係だと思うが、何が起きているかわからん。
logを取るなり、ワイヤシャークでモニタなりすれば解決するはずだが、ちょっと先を急ぎたい状況(タロウさんの具合が…)になってきたので方針変更でncftpに一旦もどることに。
--------
compgen で検索したときに、ncftpget と ncftpput があったのを思い出して少々掘り下げる。
スクリプトで呼び出す向けのものらしくftp起動後に入力するコマンドがコマンドラインから指定できるらしい。
これならスクリプト書くの楽だし
---------
ncftpを試してみるとワイルドカードも使えて、えらく便利。転送後の削除もできちゃう。こいつはイイ
少々寄り道をした。本線のmotionに戻らねば
posted by タロ兵衛 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月28日

番外編-Dynabook CX/3214CMSW光学ドライブ換装

Dynabook CX/3214CMSW は老朽化のため、第一線は退いたものの、puppyの母艦として活躍してきた。しかし、光学ドライブ故障のためCDが読めない。これは母艦としてちょっとつらい。
といって修理するのに新品の交換部品は老兵にとっては高嶺の花。中古のドライブを求め、折りあるごとに近所のジャンク屋を覗いていた。
しかし、9mm厚(正確には9.5mm?)のドライブが出ることはほとんどなく、ましてや同型のものに出会うことは不可能だろうと思っていた。
ところが、先日これが入荷。厚さと、パラレルIDEであるほかは互換品かどうか不明のバクチ状態だが購入。換装を試みた。
P1010097.JPG
購入したのはSONYのCRX950EでCD-RW+DVD-ROMのコンボ。ベゼル形状がかなり特殊なもの(元のノートPCの形状にあわせた曲線的なデザイン)。
P1010103.JPG
写真右 SONY CRX950E,左CX/3214標準の松下UJDA755 用のベゼル
ググる限りではUJDA755との換装情報は見つけられない。
機械的にはベゼルを外すだけですんなり実装できた。電源を入れるも予想どおり認識せず。
コネクタのピンの一部をジャンパ(半田付け)でドライブの認識を変えると動作するものも在るようだが、ちょっとこの細かさでは道具を揃えないと作業は無理っぽい。
半分あきらめていたところ、裏側に妙な窓を発見。覗くと、黒いプラスチックの小片と「M-S-C」のシルク印刷が見える。この文字はもしかして、マスタ-スレーブ-ケーブルのことでは?。蓋を開けてみると、プラスチックの小片は小さなスライドスイッチだった。購入時は一番右側になっており、ケーブルセッティングと推測された。
P1010109.JPG
HDDがマスタだろうから、中央の「S」に設定。…認識せず。やっぱ駄目かなぁ
じゃ、一応「M」も試しておきますか。HDDとぶつかると訳わかんなくなるから、HDDは外してと。
電源ON!。なんと、元気に回りだすじゃないですか。puppyの2.14のCDをいれておいたのでブートを開始してしまった。DynabookはHDDがスレーブなのかしらん??それとも光学ドライブはセカンダリか??
HDDを元に戻してHDDからpuppy431で起動すると、CDの中が普通に覗けた。
ベゼルがないので操作性は悪いが、一応修理完了とあいなった。
CD-Rの焼きこみとDVDの読み込みの試験もしとかんとなぁ
posted by タロ兵衛 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月26日

ライブカメラもどき(その2)FTP探し

変化があった画像ファイルをサーバーにアップする用のFTPのpetパッケージを探すも、オーソドックス(古典的?)なものは見つけられなかった
他のディストリビューションもそんな感じ。というか組み込まれているから必要ないってか。
ソースは見つけたが、コンパイルまでしなくても高機能版があるのだからそれで良いか。

という訳で、NcFTPをインストールする。
これが使ってみるとかなり便利。場合によってはGUI版より良いかも。

…でも、何か釈然としないので、もうちょっと調べて見ることに

puppyに組み込まれているコマンドの一覧って無いのかしらん。
無駄に検索を続けるとcompgenなるコマンドを見つけた。これは入力途中のコマンドの残り表示するものらしいが、キーワードを入れないと、全部のコマンドを吐き出してくれる(正確に全部かは分からん。でも一杯出てくる)。
この中からftpに絡むものをいくつか発掘。(ftpdもなんでか複数出てきた)
中でも「tftp」と「sftp」がそれっぽい。tftpは用途が違うぽい。sftpはセキュリティ強化版のftpって感じ。puppyにFTPがないのは「ftpは危ないからsftpを使いなさい」ってことなんかな。
折角入れたNcFTPだが、標準に入っているsftpを使うことにした。



posted by タロ兵衛 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月23日

ライブカメラもどき(その1)

さて、B&Wも殿堂入りで無事に終わったことだし、Puppyを再開としようかと。
Libretto W100 をいじりたいところだがなぁ…。老犬となったタロウさん、日中家族のいないときの状態が心配。
こんな時はプライベートライブカメラの出番かと。定番だな。
ググれば選択に困るほど引っ掛かってくる。今回は簡単そうだ。
やりたいことを整理してみる。

1.タロウさんの活動がモニタできる
とは言え、一日の殆どを寝て過ごす彼なので動画は不要かと。定期更新もいらないかな。起きた時だけ動作すればベストなのだが

2.何処でもモニタできる
何処でもとなるとケータイとか職場のPCとか。メールで送る手もあるようだが、歩くたびにメールってぇのもなぁ。

3.遊休PCで動作
ペットの専用リモートカメラも売ってるけど、結構高いし遊んでるPCは何台もあるし、この辺は納戸で寝てるのをみつころって、っと。

4.静かであること
動かしっぱなしだから静かでないと。SSD搭載マシンか、普段はRAMディスクで撮影時だけHDD動作みたいなのが宜しいかと

5.家族でも起動/停止できること
起動は電源ONで自動起動。停止も電源スイッチ押下でシャットダウンが走ればよかろう

6.セキュリティも考えると…
ライブカメラとなると発信は自宅サーバーとなるのが定番なのかな。しかし、自前のIPやらドメインやらよく分からんし、セキュリティの方もサッパリだし。
ここは一つ、レンタルサーバー経由ってことでお茶を濁すとしましょ。
-------------
で、以上をまとめると、画像の変化を検出するカメラソフトと、それで捉えた画像ファイルをレンタルサーバーにFTPか何かで打ち上げれば良いのかと。そうすれば内蔵のHDD回さんで良いし
幸いPuppyは殆どRAMディスクで動作しているような物だし、ファンレスの古いノート使えるし。
この辺をキーワードにググると…。
「motion」がよさげ。Puppyにもバイナリあるし。
…幸いこれ(motion)は直接メールを送ることもできるらしい。
このメールの代わりにFTPすれば良い事になるが、スクリプトを書くことになるらしい…
書けるのか->俺
最大の問題は、またも「英語」か。他の方のブログなどを読ませてもらうと、やりたいことは大体出来るようだが、日本語のサイトはないようだし。
皆さんこの「motion」は防犯向けに使いたいみたいだな。まぁ、移動検出しまくりで元気な若犬、子犬向けではないな。
-------------
さてさて、まずは落としたmotionのpetをインストール。メニューには何も追加されなかったようだ。コンソールから叩いてみる。
何か出た出た。なんか動いてる。ま、こんなもんでしょ。
-------------
んじゃ、お次に普段使わないコマンドライン版のFTPを練習しておこう…
コンソールから、「FTP hogehoge.jp」っと。
うぉ。「command not fund」ってコンソールのFTPは入ってないのかpuppyには。Linuxのイメージではこっちが本筋みたいな先入観があったからなぁ。FTPも探さねばならんらしい。
駄目もとでコンソールからgftpを叩いたらしっかりGUI版のgFTPが起動したわい。わっはっは。
やっぱ簡単には済まないらしい。orz
posted by タロ兵衛 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月29日

Libretto W100 ちょっとだけ強化

DVC00178.jpg2画面化はちょっとお休み
何をやるにもLANが繋がっていないので不便で効率が悪い
ならばと、内蔵のワイヤレスLANを設定するも不発に終わる。デバイスは認識しているのでこれは追い追い。
てなわけで、USB接続のLANインターフェイスを買う。
LANに一つしかないUSBを潰されては不便が増えるので、LogiecのLAN-TX/U2H3Sを買う。これはUSB-HUBにLANポートが付いたもの

先ずはWindowsから試すも、標準ではドライバは入っていない様だ。CDが添付されているが母艦でUSBメモりにコピーして持ってくるのも面倒なので、メーカのサイトから落とした

Windows7に標準で無いとなると、Puppyは絶望的な予感が…
所が、ドライバは内蔵されていたようで、すんなり動いてくれた。
この先、無線LANが動いてしまうと無駄な気がするが、出張の時のホテルのインターネット接続も使えるのでよしとしましょ。
posted by タロ兵衛 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月21日

Puppy@Libretto W100 (その2)

 さて、BIOS設定でUSBメモリからのブートが可能となった。(あーあ、「その2」が付いちゃった)
 母艦で4.3.1をインストールしたUSBメモリを挿してそれブート!
 おおっ!来ました!見慣れたGRUBの画面。
あー、キーボードが無いからブートが選択できません。タイムアウトで先に進むもキーボード設定に応答できないので、ここでストップ。

 USBのHUB繋いでブートするのだろうか?
キーボードとマウスとUSBメモリを挿したUSBHUBをW100に接続。それ、再起動!
 なぁんとあっさりブート。良くできてる。
デュアルディスプレイだが、起動時は上の画面だけに表示。
 キーボードもマウスもしっかり使える。
ディスプレイはxorgで1024x600を設定するも、実際の画面は800x600が1024に引き伸ばされた画面。
 xorg.confの記述はちゃんと1024x600になっているのだが…
 xvesaを試すとこちらも1024x600の設定が用意されていて、表示もキチンと1024x600。  しかし、下側の画面も有効にするにはxorgで表示させねば。xvesaの設定ではデュアルディスプレイの設定無いらしいし。
 xvesaで表示できるのだから何か方法はあるのだろう。
 またgoogleの長い旅が始まりそうだ。
posted by タロ兵衛 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月14日

Puppy@Libretto W100

DVC00176.jpg写真だけ見ると、それらしく写ってますけど、VirtalBoxによる「なんちゃってPuppy@Libretto W100」です。
8/11予約していたLibretto W100 入手。
帰宅前にマックで開梱。
マックの無線LANに接続して、VirtalBoxをインストール。
続いてPuppy431をダウンロード。
VirtalBoxにPuppyのISOファイルを指定して起動。
あっさりと実行できた(あたりまえ^^;)。
もっともVerticalBoxの都合でSVGA(800x600)だとか、タッチパネルのマウスシミュレーションは何となく使えそうで実は全く使えないとか、いろいろあったけど。
キーボードの方は何とか使えた。ろくにアプリは起動してないから、本当の所は何とも言えない。
ま、ハンバーガーとアイスコーヒーのかざすクーポン野郎としてはこの辺で時間切れ。
でも開梱から実行までこの程度の時間で済むとは思わなんだ。
W100自体の評価に付いては他のサイトに詳しいレポートが載るだろうから、ウチでは省略(書いた方が良いか?)。
ちょっぴり書くと、「すごいマシン」だと思う。(実用性?なんですかそれ?)。
重い、熱い、高い。これは時間(時代)が解決するでしょう
posted by タロ兵衛 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月28日

困ったモンが発売されたもんだ

気が付くと、何時の頃からか6/25付けのLibretto W100の予約のレシート(@ヨドバシ)が通勤用のリュックにお住いになられている。
上から覗くと「バカ(^^)」とこちらを向いて微笑んでおられる。
posted by タロ兵衛 at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月13日

マクドでLib

今回の記事はあんまり意味ないです。練習。読み飛ばしてオッケー
lib50を持ち出して、モバイルで原稿を書いてみる。もちろん原稿書くだけならLibrettoである必要はまったくなくて、ネタと言うことで。続きを読む
posted by タロ兵衛 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月01日

VirtualBox

ちょっと気の利いたマシンが手に入ったのでVirtualBoxをインストールしてみた(WinXP側だけど)
これは便利。ライブCD linuxを試すにはもってこいだった。
最初に「Tiny Core Linux」を試してみる。VirtualBoxもTinyCoreLinuxもほぼ放っぽらかしで動いた。
TinyCoreLinuxを試したのはlibrettoに使いたかったが、先ずはあのきっつい条件で動くかを知りたかったから。
さて、先ずはどこまでメモリを削れるかである。
256Mでスタートして128,64ときて32Mで残念ながら起動しなくなった。この後調整の結果、44MB辺りにターニングポイントがあるような感じを得た。
ん!?じゃぁ32MBのlibrettoでは使えないと。超軽量がウリのTinyCoreLinuxでもLibの復活はだめなのか。
でもさ、Puppyはどうなのさ。32MのLibで動くじゃん(@412レト)。
さっそく32Mで我らがPuppyでトライ。
きたきた。このスーパー遅い感。Libとおなじじゃ。32Mでも動くぞ!(動くだけね実用は不可)
げっ!これってSwapドライブ用意してないのにうごいちょるではないか。
よく見るとVirtualBoxのHDDのアイコンがチカチカしとる。どうやらSwapが無いとPuppyはスワップのファイルをHDDに作るようだ。すげ。ちょっと感動
勢いでpuppy431を試してlibretto行けそう感の手応え得てしまった。
よし次はlibretto 431対応編になだれ込むか。
posted by タロ兵衛 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月08日

TOPLinuxを入れてみる

いつものように、ライブCDは作らずISOファイルを解体して直接HDDにコピー。GRUBのmenu.lstにTOPLinuxを書き加えてインストール終り。
それっ、再起動っと。

うぉ!これはかっちょ良いです。

デフォルトがダブルクリックなのとデスクトップのデザインがWindows風な感じなので、Windowsから入る人には良いかも(ん?いきなりリナックスな人は稀有な存在か)

途上国向けなので?英語版のようです。フォーラムでは日本語でいけることになっているので何処かに設定があるはずです。(しばらくデスクトップで迷子…)
おー、あった、あった。
メニュー一番下のアプリケーションズの
ランゲージの
ローカライゼーションの
ローカルの
ja_lP.UTF-8でOKクリックっすね。

おー、出た出た日本語。

しかし、ちょっとヘビーな感じは否めないなぁ、Windowsよりは軽快だけどセレロン500MHz+192MBのDynaBookSSには荷が重過ぎる感じ。
搭載アプリはオフィスがオープンオフィスだったりファイヤフォックスだったりしてるし。

さぁお楽しみのDillo2だ。の前にネットワークの設定ね。
これがデスクトップにアイコン無いんだよね。ま、いつも使うもんじゃないから。
で、しばし、ディスクトップで迷子。
ありました、ありました。
アプリケーションの
システム設定の
ネットワークの
セットアップ
いつものダイアログとは違うけど、入ってしまえばいつもと同じ。
さて、設定の確認・・・あ、コンソールアイコンも無いんだっけ。
ま、いつも使うもんじゃないから。アプリケーションの端末エミュレータにありました。
それっ、ifconfigっと。
OK!OK!ちゃんとDHCPからIPアドレス来てるじゃん。
では、dilloをクリック!(アプリケーション→インターネット→Dillo)
1泊おく感じだがサクッと起動。
それよりも、さすがはdillo。webの表示速い!その代わり表示は崩れますねやっぱり。
でもこれテキストベースのサイトなら文句なしです。みなさんあんまりゴテゴテ飾るのやめようよ。…ってDilloのために世の中が変わってくれる訳も無く。
しかし、Dillo速いなー

さて、そろそろ会社行かねば。
TOPLinuxは、CPU1GHzメモリ512MBとかのATOMマシンには良いかも。


posted by タロ兵衛 at 09:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月28日

browser PUPPY を使ってみる

turbopupを日本語化したものの、完成版はもとよりα3版から進捗止まったままだなぁ。シンセさんどうしちゃったのかな。
などと思っていたら、browserPUPPYなんていう超そぎ落としPUPPYがフォーラムに紹介されちゃっているじゃないですか。

TURBOはまだ時間がかかりそうなので、browserの方をためすことにした。
お世話になりっぱなしの暇人さんが早速日本語化されていて、これを使うことにした。
DynaBook-SSはタロウが立ち退かないので、今回もATOMでテスト。
インストールは何時も通りの質素。
それ!リブートっと。
何ですか?これは。なんという思い切りの良さというか潔いというかブラウザ以外は入ってない。したがって画面はひどくこざっぱりしている。
バリーさんの目指すところとはちょっと違うけどみんながめざしていたのはココなんではなかろうか
posted by タロ兵衛 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

2.14xか2.18か(その2)

218で表計算とかブラウザとかいじってみる。起動時間そんなに変わんない感じ。
計ってみる。大体おんなじ(T^T)。リブートからの起動時間の時間差は421の時計とかカレンダーとかの時間差であって、他は変わんないのね。

ならば214xはってえと、214x4までバージョン上がってる。落として質素インストールで起動。う、動かないじゃん。

お次はturbopup。ダウンロード先を見失ってしまった。ちょっと出直し。
posted by タロ兵衛 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月17日

2.14xか2.18か

420は確かにキレイだけどやっぱり一寸かったるい。
そしたらTURBO-PUPがあってアルファ3まで来ていて軽くていいかもと、思っていたら2.41xなんつーのもあるじゃないっすか。と思っていたら今度は超本家のバリーさん登場で2.18・・・なんかこれいい感じ。
まだアルファですけど試してみました。
これ、確かに見た目ふるいバージョンですけど中身は4xxと変わらないような。ってOSのインストールから無線LANの設定までですけど。(@DynaBookSS)
なにが嬉しいって起動時間ね。421が70秒ぐらいに対し218は50秒弱。しかもαのせいかキーボードとか言語とか初回の設定が毎回必要なんですがそのロスが入って50秒。
強敵無線LANも新しい420と同じ手順で簡単につながった。ドライバもふるいタイプなのだろうLEDまでちゃんと点くぞ。
DynaBookSSはともかく、Librettoには4xxよりもこっちだろうなぁ。TURBOは出来上がるまでまだ時間がかかるみたいだし、218に期待してみよう。
posted by タロ兵衛 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

wikiに載ってるぅ

なんと、嬉し恥ずかし、パピーのwikiにこのブログのURLが乗ってるじゃないですか。しかも◎まで頂いて。(要注意ブログのマークだったりして)
最近は仕事が忙しくて更新できないけど、もしかしてチョッピリは皆さんのお役に立てているのかも。
何方に読んでいただけているのか分からないですが使えるネタありました?
posted by タロ兵衛 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月05日

puppy 街へ

Dynabook-SSを連れてマックまできてみた。
yahooのホットスポットへpuppy linuxで繋いでみる
ザウルスで接続したことがあるのでLinuxはお初ではないが、まpuppyでも体験しとこうと思う。
記事にならないぐらい普通につながる。たまにしか使わないから、いつもの様にIDの後ろに@yahooを付けるのを忘れててこずる。これ分かり難い。
通信速度は今一つ。体感できるほど遅い。ネットワーク使っているのは俺ぐらいだが。

posted by タロ兵衛 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月29日

Puppy Linux 4.2出た出た

よかったー
レトロ版もあった
すごい混んでる。なかなか落ちない。
-------
いつもの様に母艦でフルインストールしたCFをLibretto50に入れてみる。
無事起動。LANなどは未確認。
posted by タロ兵衛 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月22日

まとめられん

新しい発見があってなかなかまとめにならん。
今日、フォーラムのぞいたらマイナーのアップ(4.00.02)してたし、本家では4.05という話だし。聞こうと思っていた無線LANの課題も上がってたし。
この設定が終了したら今度こそやるか。
posted by タロ兵衛 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月14日

アプリが…

インストールのまとめは図入りにしようかとドローを起動。
Windows系の操作感とはちがい使いにくい。かなり違和感
しかも漢字は入らない様子。やりかたあるのかなー
重いがopenofficeを入れることに。
オリジナルのは前にやって入れられなかったし、pet版はなにやら色んなやつを入れなければいけないようなので、openoffice_2.2-JP.sfsをつかうことに。
Bootmanagerには各種sfsとおなじ所にファイル名+OSバージョンで入れる。みたいなことが書いてあるが上手くいかん。
課題は増えるばかり。
posted by タロ兵衛 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月13日

課題整理

そろそろ検索頼みの限界かなぁ。フォーラムさんに聞いてみようかな・・・

<libretto50>
rc.localに置いたalsaはstartではダメでrestartでないと鳴らないのか

<MS8308>
本家にあった、rc.modules2の内の何が効果があってトライデントが機能し始めたのか

<Dynabook SS>
無線LANはどうやれば起動時から自動で動くのか
posted by タロ兵衛 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記