2008年05月23日

Libretto50成功

<Libretto50>
いろいろあったがなんとか成功
結局、次の方法で決着した。
1) 他のPC(一般に言う母艦PC)にLibrettoのHDDをプライマリのマスターとして挿入
2) パーティションは…6GのHDDに対し、
hda1:FAT32…500MB(いつかWindwsを入れる用)
hda2:ext2…2GB(puppy本体用)
hda3:linux SWAP…500MB
hda4:ext2…残り全部
2) 母艦PCをCDからブートしてフルインストール
当初ブートの気配すら見せない。なかなか上手く行かない。しばらくあがいた結果、MBRの設定の時に表示される「多分危険」に惑わされたからであった。
3) 念のため解像度など、Libretto50に近い値にセットアップ
どの程度効果があるかは不明(シャットダウン時にファイルをセーブしなければ良いと思うが)
4) シャットダウン(ファイルのセーブはした)
5) LibrettoにHDDを挿入。起動

以上だった。
起動は遅いながらも、我慢できればOKか。アプリは起動はするがHDD回りっぱなしで実用には耐えない。エディタはかろうじて使えなくもない。
しかし、win98と比べるとしっかりした足取りで遅い?ので遅いけれど気持ちは良い。(遅そ気持ちいい??)
「もっとメモリーを!」てな感じである。もしあと64MB増設できたらLibの世界は変わっていただろうなぁ。
posted by タロ兵衛 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50

2008年05月18日

Libretto50へインスト

DynabookSSは一応動くようになったので、次にLibretto50に入れてみようと思う。
ただ、肝心のスペックが殆どクリアしていないマシンなので、インストールが成功しても何処まで動くやら。
ネット検索では他のLinuxでの動作実績はあるようなので入るだけは入るだろう。

CPU Pentium 120MHz(オリジナルは75MHz)
メモリ 32MByte
HDD 6GByte(オリジナルは800MByte)
USBポート:なし
CD-ROM起動不可(これが痛い)
やっぱりバラシてHDDにほかのPCからインストールが近道だろうなぁ
posted by タロ兵衛 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Libretto50