2015年12月06日

もっと強敵あらわる(その2)

HDDが見えない原因は分かった。UEFIなのね。セキュアにしたいから、古いOSには見せてあげないと。
たしかに見慣れないBIOS画面だと思った。
新しいBIOSに代わるアレだ。それなら簡単。レガシィモードみたいなのがあるはず。自分のhpのネットブックがそれで、X-Slackoを起動できたのだから。
思った通り、ありました。簡単です。ほいほいほいっと。
・・・・みえない。puppyから見えない。CDブートはするが、HDDは見えない。
これはセキュアなPCにするため、古いOSから見えない作戦だったのですね。
なにせ、今まではHDD全体を暗号化でもしない限り、CDからブートしたPuppy からは丸見えだもんね。
そう言えば、FatDogなる64bitのpuppy亜種がいたな。あれ、UEFI対応だったはず。
----
はい。イチコロでした。丸見え。ロトの剣を見つけた感じ。さくぅ→
しかし、今回はサルベージが目的ではなく、少し古めのUEFI非対応OSのインストール。
もはやこれまでか!
----
しかし、納得出来ないのが、puppy571がCD起動出来ること。
これが出来るなら、HDDも使えて良さそうなものに。
じゃ、CDドライブの代わりにSATAポートにHDDを刺したら・・・・
----
USBブートも可能なようなので、ブートCDをUSBドライブに、CDドライブのポートにHDDを。
----
CDブートからHDD見えました!。
早速、HDDにフルーガルインストールを!
----
なんか拍子抜けにサクサク進んで、・・・・それ、ブート!
・・・通ったー
----
つまりこれは昔のOSからハード的にHDDを見せないようにしているわけだ。
ま、FatDogからみえたのだから、それなりのドライバと手順が分かれば、古いOSでも見えなくはないのであろう
----
しかし、今回は急ぐので、このポート使わせて貰いましょう。
と、おもったら、UEFI対応ポートと昔OS起動可能ポートとは何やらコネクタの色を変えてコネクタが実装されてます
よく見ると、UEFIのは「sSATA」と小さなsのシルクが。
CDブートポートにはただの「SATA」と印刷。
このSATAのコネクタが,もう一つ見つかり、CD/DVDもHDDも非UEFIコネクタに繋がりました。
----
そんなこんなで、なんとかdebian squeezeのインストールに成功しました。

UEFIは基本的に64bit対応らしく、32bitブートはグーグル先生のお返事には現れませんでした。
どうやら変なところからPuppyは64bit時代を迎えるのかrもしれません。
何でもかんでも64bitならよいと言うわけではなく、最近話題のSlacko64は従来からのgrub4dosなので、現時点ではこれには乗れませんでした。

sSATA1.png
posted by タロ兵衛 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月04日

もっと強敵あらわる

なんか、中ボス戦中にラスボス登場!みたいな。
前回のは、HDDから異音がしているので、更に慎重に事を構える必要があり、保留中。
で、今回のお題は比較的新しいPCにdebian Squeeze を入れると。
なんでも自作のドライバなので、新しいOSでは動かないってか。
squeezeってpuppyでいくと528ぐらいの古さかな。
先ずはインストールDVDでブート。
ふつーにインストール始まるじゃん。
「NICが見つかりません」・・・・まぁ、新しいチップなんでしょ。インストールが終わったら、ドライバめっけてこよう。
「ハードディスクが見つかりません」・・・・えっ?。

これはぁ。どうしようも無いです。見えない物には入れられません。

しかし、これは趣味のpuppyと違ってお仕事。飯のタネ。
投げちゃう訳にはいかんしなぁ・・・

戦いはつづく。

posted by タロ兵衛 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月28日

強敵あらわる

クライアントさんから古いPCのHDDが何時壊れても良いように、バックアップをして欲しいとの依頼。
ほいほいとpuppyのCDもって作業場へ。そんなのDDしちゃえば簡単じゃん。
しかし、作業場の扉はダンジョンの入り口だったのね。

ま、PCを立ち上げて様子をみましょう。ピポ・・・
目の前には青空に白い雲を背景に「Windows95」と。

とにかく立ち上がるから、いつもどおりに、CDからpuppyを起動しましょ(@571JP)
あれ?、95が起動しちゃう。BIOS設定変えねば

あれ?、起動順を変えるメニューがない・・・
そっか、この頃のはCDexなんちゃら.sysみたいので、CD読ますんだっけ。
puppyの起動FDつくるかぁ?

そういえばこのPCのメモリーって・・・、
80*B・・・よく見えない。M?Gじゃないね。Mだ。
さすがのpuppyでも80MBじゃ起動できない
swapつかってフルインストすれば起動できるが、HDD汚しちゃ意味がない

他に使えそうなインターフェースは・・・
う、USBポートがない。USB1.1は覚悟してたが。ないんだ・・・。
もうバラして、HDD抜いた方が安全確実か


期限はまだ先だから、今日のところは出直し。長い旅になりそうだ。

posted by タロ兵衛 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月05日

slacko 6.0.8.1

待ってました!Slacko6。593からなかなかΒがとれずやきもきしてましたが、ようやく6に昇格。
ま、いまさらおいらがインスト方法書くまでもなく、詳しく正確にみなさん書かれているので
タロ兵衛は新しいpuppyに浸りたいと思います。
現在のオイラのインストは、一番ベーシックな本家オリジナルにシノバーさんのランパクであります。
マシンは実験君B4。10年選手の2千円ジャンクPC。快調かいちょう。
もちろんこの記事も試運転をかねて、6081です。
Screenshot(4).png
posted by タロ兵衛 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月21日

コメント有難うございました

E巻さん、サボり魔さん、コメントいただいていたんですね。
お返事書けなくてごめんなさい。
また、アプリpetしたら、アップしますね。
・・・azpainterって日本の方が作られたんですね。
日本語化じゃなくて、日本製だったとは。いや、調査不足お恥ずかしい。

posted by タロ兵衛 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月13日

WireShark 入り puppy(5.7.1)

現場作業用に作った「パッケトキャプチャの定番WireShark入りpuppy」が
なかなか便利だったので、wiresharkのとこだけpet化してみた。
5.7.1向けのパッケージにwiresharkは有ったのだが、
ubuntuのモノで、既にリポジトリーから無くなっている模様。
あっても古かったし。
そこで、wiresharkの本家にお邪魔して、ソースを頂いてきました。
しかし、最新のバージョンはconfigureが通らず(qtが不足)。
他にもなんか不足が出そうな予感。
後から色々補充するのは面倒だから、コンパイルが通る、一番最近の版にする。
結果、1.10.14となった。
一応、外見的には最新(1.12)と同じかな。これで良かろう。
ブート時に真っ新(pfix=ram)にしてから
make install で組み込んで、リマスター。
コレ(CD)を鞄に突っ込んで、出先でPCを借りて、パケットの解析。
この手ぶら感、凄く良い。

なんでTOP LINUXにこれが入っていたか分かった気がする。
インフラがまだしっかりしていない所でPCのネットワークを面倒見るには
これ、良いよなぁ。

これに気をよくして、PET化しておくことにした。
しかし、ここに落とし穴が。
pet化は出来るのだが、メニューに出てこない。
.desktopファイルを見ると、"Utility"からX-NetWork-subに変わっている。
petを一回バラして、.desktopを見てもユーティリティのまま。
3日ほど、あれやこれやしてみたが効果なし。
仮に他の実行ファイルをPET化しても問題ない。
そこで、その成功するダミーのpetの中のファイル名を全部wireshark風に変えてみた。
うぉ。メニーに出てこなくなった。
どうやら、登録済みのものは予め持っているメニュー位置に変えられてしまうようだ。

仕方なく、コマンド名をwireshark_p としたところ、なんと成功。
うーむ。きっと、仕様なんだろうけど、どこに書いてあるのだろう。

で、出来たのが此方wireshark_p-1.10.14-i486.pet


それにしても、「_p」かっちょ悪いなぁ・・・
posted by タロ兵衛 at 13:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月09日

LINE キター

気がつけばChromeのアプリにLINEが入っているじゃありませんか!!
ただし、新しめののChromeでないと実行できないので、最新をgoogleから落として
5.7.1で実行できるようにサンドボックスを止めて使う。
使い勝手はスマホ版やwindows版には届かないが、普段使い用は充分。特にフルキーでガシガシ打つには良い。
Windowsの呪縛がこれでまた一つ減った。
capture6184.png
posted by タロ兵衛 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ

2015年07月14日

実験君電源強化

もしかして電源容量足らないかも。と言うことで、物置をゴソゴソと。ありました。玄人志向の650W。
もう使うことはないと思ってたけど。さて交換後は快調快調。半日ほど使ったけど落ちるそぶりもなしと。
静音電源ではないけど、うるさいと言うほどでもなしと。実験君にはお誂え向き。
QUADROも普通のだからそれほど電気食わんと思ってたが、昔のCPUで電気食う分、ギリギリだったのね。

posted by タロ兵衛 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月13日

実験君先ずは清掃

さて、まずまずの動作状態なので、本格的に清掃してと。
するといくらか爆音ファンも静かになった。
CPUのステッカーとかセロテープの貼り跡は「シール剥がしスプレー」でちょいちょいと。
続いてはHDD。これはどうしたものか。IDEのHDDは何個か余っているが、ケーブルがない。
・・・ジャンク箱からIDE−SATAアダプタ発見。SATAケーブルなら沢山あまってるし。
これってbootするっけ?。まぁ認識はするだろうから起動はUSBでもいいか。ま、とにかくやってみましょ。
案ずるより何とやら、普通にbootしてくれた。転送速度は知れたもんだろうけど。(でも今度計ってみよう)
次はボタン電池かな。わざわざ買いに出るのも何なので、古いマザーのと交換。ぼちぼち使えそう。
残る問題は爆音ファンだな。この手のは同じ規格のものは手に入れるのは難しい様子。
これも不要マザーから小さいのを外して付けることに。
もちろん穴位置どころかサイズも合わないから、古い爆音ファンの上に両面テープで貼っちゃいましょ。
放熱フィンを手で触った感じでは、十分に廃熱出来ている感じ。
さて、ここまでくれば一応完成と言って良いかな。
実験君更新の最大の目的であるnvidiaのドライバーの調査開始。お題がnVidiaなので、ATI君は一度待機願って、Quadro 君登場!
紆余曲折あったが、ドライバーをインストールする方法に目処がつき始めた頃(これは別記事で記録しておこう)、調査中に何度か電源が落ちる現象に遭遇。
もしかして電源容量(450W)が足らないってか?
posted by タロ兵衛 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月04日

実験機準備中

いまの実験機のスペックがあまりにも古くなりすぎ(Sempronの2GとかAGPとか)、何かと不便なのでもう少し最近のマシンに更新しようかと。
新品を買うつもりはなくて(Vista世代でよかろう)、中古を超えてジャンク屋へ。不動作のやつをケース購入のつもりで購入。
電源は入るが画面出ず。まずは接触不良してそうなところを抜き差し。CMOSクリア。
うぉ、BIOSでました。次、puppy571も元気にCD起動。HDDは抜かれていたので、USBメモリへインストール。これもクリア!。
しかもスペックは下記の通り。十年選手のようだが、PCIex16が使えて2千円はお買い得。(残念んながらグラボはATIだった)
残る問題はチップセット用のファン。爆音君なんだな。新品500円ぐらいで手に入るようだが、2千円のPCに相対的に修理部品500円は高いが・・・
あとはボタン電池(100均)かな。・・・絶対値として問題なしだが。
これでnVidiaのドライバーのインストールが再開できる
名前をつけねばな。ケースにちなんで「B4」でよかろ。

Processor : 2x AMD Athlon(tm) 64 X2 Dual Core Processor 4400+
Memory : 3374MB (134MB used)
Machine Type : Physical machine
Operating System : Precise Puppy - 5.7.1
User Name : root (root)
Date/Time : 2004年01月01日 00時03分40秒
-Display-
Resolution : 1920x1200 pixels
OpenGL Renderer : Unknown
X11 Vendor : The X.Org Foundation
-Audio Devices-
Audio Adapter : NFORCE - NVidia CK804
Audio Adapter : HDA-Intel - HDA ATI HDMI
-Input Devices-
Microsoft Microsoft(R) Compact Optical Mouse
USB Keyboard
USB Keyboard
Power Button
Power Button
PC Speaker
HDA ATI HDMI HDMI/DP,pcm : 3=
-Printers (CUPS)-
CUPS-PDF : Default
-SCSI Disks-
TSSTcorp CDDVDW SH-S243D
USB DISK 2.0
posted by タロ兵衛 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記